このページの本文へジャンプする

スーパー特進だより「木漏れ日」

黄金週間が明けました!

2018/05/15

木漏れ日

 

2018.5.10(木) No.5

スーパー特進コース通信

黄金週間が明けました!

ゴールデンウイークが終わりました。1年生は緊張の連続だった4月が終わり、少しほっとしているか、連休中の部活動で疲れているかのどちらかでしょうね。

 さて、連休中に1・2年生には到達度テストが宿題として出されました。内容は学力の定着度をみて、現段階の理解度を測るものです。来月には結果が送られてきて、弱点が浮き彫りにされます。そして、その結果をもとにスタディーサプリの学習課題が、それぞれに発信されることになります。1・2年生だからこそ、この積み重ねが大切です。一方、3年生の連休は第一の選択を迫られる時間となりました。付属推薦の切符を使うか、使わないかという選択です。この切符は、この学校の生徒だけに与えられた切符です。いうまでもなく、ある意味、この切符を使わないとなると、受験に向けて覚悟を決めるということになります。目標の大学と今の自分について、よく考えて、悩んで悩んで結論を出した生徒も多かったようでした。ここから、3年生は進路に向けて慌ただしい日々を過ごさなくてはならなくなります。連休前から小論文の練習も本格的に取り組み始めている生徒もいます。

 それぞれの連休ではありましたが、生活のリズムなどもう一度チェックして、スタートしてください。流れに乗り遅れないようにしましょう。今月末には中間試験も迫っています。今年最初の試験ですので、範囲も限られています。今からしっかり計画を立てて、学習しましょう。もちろん、1日の時間をマネージメントして、自己管理することが前提です。放課後の時間も有効に使いたいものですね。

 

 

宿泊研修を終えて    1年9組 平林萌生

今回の宿泊研修を通して、私は団結力を学ぶことが出来ました。

集団行動では400人近い生徒で行動を合わせるのは、難しいところもありましたが、時間が流れるごとに合わせることもでき、機敏な行動も身に着けることが出来ました。鯛生金山の登山では、クラスの中を深めることができ、クラスの雰囲気も良くなりました。

これから学年だけでなく、学校全体での行事があるので、今回学んだことを発揮できるようにしたいと思います。この経験を糧に学校生活でも役立てていけるように頑張りたいです。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
  • 一覧へ戻る

Page Up