このページの本文へジャンプする

スーパー特進だより「木漏れ日」

部活と勉強の両立に必要なことは?

2018/05/09

木漏れ日

 

2018.4.23(月) No.3

スーパー特進コース通信

部活と勉強の両立に必要なことは?

1日は何時間ありますか?誰にとっても1日の時間は決まっており同じ時間しかありません。時間をどのように使うかについて自分自身で選択することは、人それぞれの自由であり、成長するために大切なこととなります。学力を向上させるためには、時間を効率的に活用し、学習に取り組むことが重要となります。部活動生にとって、24時間という時間の中で自由に選択することができる時間は限られています。その中でいかに学習に取り組むことが必要かと思います。その上で、私から2つ意識してほしいことをお話しします。

1つは「学習する時間として1日の時間に組み込まれている授業への取り組み方」であり、1つは「自由な時間をいかに学習に使うか」ということです。部活動をしている人は時間がないと思うかもしれません。しかし、そんなことはありません。時間がないのではなく、時間をうまく使えていないのだと思います。私が大学受験した際に知り合った受験生の中に、センター試験で9割の点数をマークし、サッカー部にも11月末まで所属して県大会決勝に出場した人がいました。やっている人はやっています。今回書かせてもらうにあたり、教師としてではなく私自身の経験談から書かせてもらいました。

最後に、部活との両立をするために大切なものをもう1つ。それは、友人です。学習するうえで、仲間は大切です。支えあい、励ましあい、頑張り続けることによって、どんなことでも乗り越えることができます。スーパー特進には、難関受験コースとアスリートコースとそれぞれ特徴をもったクラスがあり、クラスの友人同士で様々なものを共有することのできるクラスとなっています。同じクラスの仲間とともに、将来への素晴らしい一歩を進めることができるように頑張ってくれることを期待しています。     ( 2年アスリートコース担任 中野大地 先生 )

角丸四角形: 今年赴任された林山先生からのメッセージ
“ Where there’s a will , there’s a way “
「意志あるところに道は開ける」

自分の ”思い” を大切に、時間を惜しまず、一緒につきすすみましょう☆

 

 

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
  • 一覧へ戻る

Page Up