このページの本文へジャンプする

スーパー特進だより「木漏れ日」

センター試験が終わりました

2019/01/21

木漏れ日

 

2019.1.21(火) No.12

スーパー特進コース通信

センター試験が終わりました

 センター試験が終わりました。昨年は雪がちらつき大変寒かったことを覚えていますが、今年の初日は晴天で、気持ちよい始まりでした。3年生は2日間とも元気に受験会場に入っていきました。すべての受験生に会うことはできませんでしたが、それぞれ頑張ってくれたことでしょう。担任二人は2日間とも丸1日会場に居ましたが、休み時間も会場で過ごしていたようで、ほとんど見かけることはありませんでした。

 今年の入試は全体的に問題に大きな変化はなかったようです。しかしながら、まだ平均点が分かりませんので何ともいえませんが、リサーチの結果を見て判断しなければなりません。来年でこの形式のセンター試験は最後になりますので、恐らく大きな変化はないと思います。

 2年生はいよいよセンター試験まで1年となりました。3年生も去年の今頃はまだまだ先と思っていた節がありましたが、今となっては時間の早さに驚いて居るようです。再来年に入試が変更されるため、今の2年生は今年以上に現役志向が強くなります。従って、冒険をしないで、より安全圏に志望校を絞ってくることになります。国公立においても、私立においても志願状況に変化があることは確かです。その変化に対応するためにも、今まで以上に今からしっかりと準備をしておく必要があるのです。その点では、以前にお話したように、3学期は非常に大切な時間となります。修学旅行もありますので、時間の使い方についてしっかりと計画をたて、頑張りましょう。

 1年生は再来年、新たな入試の元年になります。しかし、従来のセンター試験で試されてきたような学力が必要なくなるわけではありません。基礎的な知識はベースとして必要です。ただ、記述の問題や授業の中身に関する問い、数学などでは答えではなく考え方が問われるようになることは確かです。授業そのものを今まで以上に大切にしていかなくてはなりません。また、今までのセンター試験はマークですので、自己採点も簡単にできましたが、記述に対して採点する能力もつけていかなくてはならないのです。つまり、志望校を判定する際に自己採点で誤差が出てしまうからです。

 3年生には試験の当日にはもう試験が終わっているとよく話しました。そうです。当日どんなに頑張っても答えは出ません。当日は違う意味のがんばり方をしないといけません。1・2年生はここからの時間を大切にしてください。

 3年生はまずはお疲れ様でした。リサーチの結果までが長いと思いますが、試験はここから続きます。自分に負けず、最後までみんなで頑張り抜きましょう。

  • 前の記事へ
  • 一覧へ戻る

Page Up