このページの本文へジャンプする

スーパー特進だより「木漏れ日」

大学入試センター試験迫る!

2019/01/21

木漏れ日

 

2019.1.15(火) No.12

スーパー特進コース通信

大学入試センター試験迫る!

大学入試センター試験がいよいよ今週末に迫っています。3年生はここから約1か月間試験が続きます。センターが終わると自己採点、国公立の出願と二次対策、私立の対策…2月の中旬までは気が抜けません。インフルエンザの流行が非常に気がかりではありますが、緊張感を維持して本番に臨んで欲しいと思います。昨年より1週間後になったセンター試験ですが、この1週間の使い方はそれぞれと思います。健康管理と自己管理が全てでしょうか。

今年度から、二学期の期末試験以降は受験のある生徒と進路が決定した生徒に分かれ、補習や自習を行ってきました。例年よりも演習時間が確保された分、モチベーションも高まっているのではないかと思います。金曜日には激励会があり、いよいよ本番です。当日は試験会場に皆さんを応援に駆け付けたいと思います。

0学期のスタート!ここからの積み重ねが大切

 1・2年生の皆さんは、ここから翌年に向けての0学期が始まりました。2年生はちょうどセンター試験まで1年。来年はセンター試験が最後の年となり、現役合格を望む受験生が圧倒的に増えることが予想されます。当然ですが倍率の変化もあると思われます。今からの準備がある意味全てを左右すると言っても過言ではありません。ここから春休みにかけてしっかりと基礎固めをして、同時に理・社の学習を始める時期でもあります。センター試験を実際に解いてみてもよいでしょう。夏休みに基礎固めなどしている時間はありません。また、1年生はできる限りの積み残しがないようにチェックしましょう。そのうえで、学習習慣がどれぐらい身についているのかについても確認する必要があります。

 時間は誰にでも平等にあります。同時に、限りもあります。その時間の使い方によって、それぞれの道が分かれてきます。まだまだ先のことではありません。

今週は進研模試もあります。目標を設定して、頑張りましょう。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ
  • 一覧へ戻る

Page Up