このページの本文へジャンプする

学校生活ブログ

ごあいさつ(武富校長)

2016/04/27

 4月14日、16日 熊本を震源とする大きな地震がありました。現在でも余震が頻繁に起きています。被災者の皆様方が不安な日々を過ごされていますことに、心からお見舞いを申し上げますとともに、お亡くなりになられました方々には衷心よりご冥福をお祈りいたします。

 4月25日には、熊本地震に激甚災害指定が決定し、被災者の皆様の生活再建に向けた復旧・復興に政府が全力を挙げるとの発表がありました。我々もその復興に向けた協力を積極的に行わなければなりません。学園においては熊本キャンパス・阿蘇キャンパス・熊本星翔高校・かもめ幼稚園に被害が出ました。特に阿蘇キャンパスにおいては学生寮の崩壊で犠牲者がでて、更に校舎にも被害が出たようであります。本校としましては生徒を中心に募金活動など支援に向けた動きを始めました。

 さて、本校は今年度創立50周年を迎え、校名も新たに変更し東海大学付属福岡高等学校としてスタートし、約1か月が経とうとしています。
まだまだ落ち着かない時期ではありますが、20年先30年先を見据えた教育改革を着実に実践し、成功させなければなりません。

意識改革のスローガン:「教師が変われば、生徒が変わり、学校が変わる」
学校改革のスローガン:「主人公は!~夢実現!それは東海大福岡ら始まる~」

この2つを本校の改革のスローガンとして、新たな教育改革に邁進いたします。
 国際交流を通した英語教育の充実とコミュニケーション能力の開発、そして部活動の更なる活性化、コース制の再編、グラウンドの人工芝化等、東海大福岡の新たなチャレンジが目白押しであります。まさに東海大学の付属高校だからできる夢実現に向けた改革であります。

 生徒諸君はもちろんのこと、保護者の皆様におかれましても今まで同様ご協力いただき、
“東海大福岡”は一歩一歩成長していきます。

 よろしくお願い申し上げます。

東海大学付属福岡高等学校
校 長 武富 正治

 
  • 次の記事へ
  • 一覧へ戻る

Page Up